« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月 4日

ステルス・マーケティングや自作自演をする旧世代の人たち

ブログなどを通じた 口コミ・マーケティング(ステルス・マーケティング) なんてものが最近流行しているのは、知っている人も多いかと。ただ、ネットの特性を理解していないがために、利点を殺したマーケティングをしている企業が多い気がしてる。単なる「サクラ」による宣伝じゃ意味がないんじゃない? むしろ逆効果を生んでいるんじゃない?

ブログ/SNS/2ch などで、素人を演じて(素人を雇って)製品のアピールをするのは、旧来のマス・マーケティングと変わらないし、なによりネットの利点を生かせていない。こういったマーケティングを行うのは、インフラ自体はあるものの、特性を理解できないためにネットを活用できない人旧世代の人たちのやることだと言い切っていいんじゃないかな。ネットでは、顧客の生の声を低コストで聞くことができるのに、顧客の批判に目をつぶって広告を押し付けていくのは非常にもったいない。ネットはテレビじゃないんだから、同じやり方じゃダメでしょ?

逆に、ネットの特性を理解した人は、ネット上に存在する幾多の情報から顧客の声を吸い上げて、自社製品にフィードバックすることができる。仮に、ネットで話題になっていない場合でも話題にならない理由を推測できる。さらに、自作自演・自画自賛をすると、逆にネット上の顧客の声を吸い上げにくくなることも知っている。これらは、高いネット・リテラシーや、高度な(脳内)フィルタリング技術を持っていないと出来なさそうだけど。

じゃあ、簡単にまとめてみよう。

ネットが理解できない人 : 素人のふりをしてブログやSNSで自画自賛。2chで自作自演。
ネットを理解している人  : 顧客の生の声をネット上から低コストで集める。自作自演はむしろ邪魔。


まあ、嘘を嘘と見抜けないと使うのは難しい、ってのがインターネットなんだけどねえ……。


最後に。
ステルス・マーケティングをしてるブロガーの人たちって、自分が企業や広告代理店に利用されているだけだと気づいてるよね? ブログが炎上して自分に不利な事件が起きても、依頼主は助けてくれないよ? 依頼主にとって、トカゲの尻尾切りを出来るのが、ブログによるステルス・マーケティングの利点でもあるんだから。

2006年11月 5日

冬コミ当選

冬コミ当選しました。

サークル名: 永久る~ぷ
日程: 2006/12/31 (3 日目)
スペース: 西ホール い-04a
ジャンル: 同人ソフト(Windows用 オリジナルゲーム)
頒布物: TWilight INSanity 完成版(予定)

12 月中旬までの約一ヶ月の間、このブログでは「実録・同人ゲーム製作の修羅場」をお送りします。

2006年11月11日

実録・同人ゲーム製作の修羅場(1)

ブログの更新が無いのが修羅場の何よりの証拠だと思えチクショー